トップ

歯科衛生士を知る

歯科衛生士とは何か知る

歯科で働く人の特徴と給料

歯科衛生士はクリニックで勤務されている方がほとんどです。勤務内容によっては、民間の企業や保健所などでも勤務することが可能です。この職業に就くためには、衛生士の国家資格を取得する必要があります。合格率は低く、専門学校や大学などに入学して勉強を行います。勤務先や勤務内容によって収入は異なりますが、平均年収は約340万円程度に設定されています。一般的な事務員として勤務している方よりも、給料が高いことが多いです。歯科は診療時間が決められているため、病院のように夜間当直や過度な残業などが無いことも特徴です。

歯科衛生士の給料と職務内容

歯科衛生士の給料は平均25万円、平均年収345万円、ボーナスは48万円程度です。新卒衛生士では手取り18万円から20万円程度です。開業医や公立病院などに就職することになります。需要が多く労働条件も比較的恵まれている職業です。公立病院に勤務すると公務員になり、休みがとりやすくなります。職務内容は、歯科医師の指導で、歯と口内の病気予防措置や歯の診療の補助的な仕事を行います。歯石を取ったり、歯や口内に薬を塗ったりするなどの診療補助を行います。また歯ブラシの正しい使い方や歯磨きの方法を患者に指導します。

新着情報

↑PAGE TOP